MLB東京発 MLB 2019 観戦ツアー

東京発 エンゼルス おすすめ観戦ツアー
D-Backヘビ軍団と愛称で有名なダイヤモンドバックス、新戦力大活躍のブルージェイズ、MLB 人気NO.1のドジャース、球団インストラクターに就任したICHIROのマリナーズ、大型補強で進化中のアスレチックスなど、エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムを訪れる大リーグの強者たちを迎え撃つ大谷選手の活躍を見逃すな!
MLB豆知識

MLB 観戦 時期

メジャーリーグのシーズンは、3月末頃に開幕して9月末頃までペナントレース行われ、10月上旬からプレーオフが始まります。その年のワールドチャンピオンを決めるワールドシリーズは10月下旬に始まります。オールスターゲームは7月に1試合だけ行われます。

MLB 観戦 チケット予算

チケット代金はチームによって違いますので、一概にいくらとは言えません。なお、年々チケットが変わるちチームもあります。今年のチケット代金を見てみると、1人平均日本円で6-7,000円が多いです。飲み物や食べ物、お土産も入れると一人平均9,000円-10,000円程度が予算とう言えます。

MLB 観戦 ビール

メジャーリーグ観戦をしながらビールを飲む風景は日本とさほど変わりません。ビール代は、球場などにより少し変わりまして8USDから9.5USDまでまちまちです。 ビールの販売は、売店での販売と、売り子の販売があります。安全上の問題などにより缶ビールの販売は禁止されています。州によってはスタジアム外での飲酒が禁止されているところもあるので、ビールを買って球場の外で飲むには注意が必要です。

MLB 観戦 国歌斉唱

メジャーリーグは試合開始前に国歌斉唱を行います。国歌斉唱の際には、観客は起立し帽子を取ります。国歌中に大きな声を出す、歩き回るなどの行為は失礼にあたるので、国歌斉唱が終わるまでその場で静かに待つようにしましょう。売店の店員や球場のスタッフも仕事を止めてアメリカの国歌を歌うのです。

MLBに応援席はあるの?

日本のプロ野球の場合、ホームチームは1塁側のベンチを使うので応援席は1塁側になり、アウェーチームはその反対の3塁側が応援席となります。しかしメジャーリーグはそのような区分はなく基本的にホームとアウェイのファンは混在しています。

球場に入場する際には?

日本と同様セキュリティーチェックや持ち物チェックを行います。持ち込みが可能な手荷物は、40cm×40cm×20cmの大きさまで可能です。それを超える大きさだと持ち込みができないので予め注意が必要です。

ゲートオープンは?

ゲートオープンは球場により少し違いますが、概ね2時間前となります。入場を許可してもらうには、チケットについているバーコードをスキャンしてもらう必要があります。日本のようにチケットの半券を切られることはほとんどありません。

■旅行企画・実施
株式会社 ジェイ ワールド トラベル 東京本社 スポーツデスク
〒107-0062 東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル6F
メールでのお問合せ:spt@jw-trvl.co.jp
03-3402-9955